空腹時の口臭原因

空腹時の口臭原因とは一体?

 

 

昼ごはん前の空腹時に、ペアになる授業で気になる人と
話さないといけない、口臭が気になる。

 

 

いったい、空腹時の口臭の原因はなんなんでしょう。

 

臭い食べ物を食べたわけでも体質に
問題があるわけでもないのになんでなんでしょうか。

 

 

どうやら、唾液の減少にあるようです。

 

唾液は、食べ物を消化するために分泌されるわけで、
食後3時間でかなり少なくなるようです。

 

 

唾液は、臭いを減らす作用があるので、
唾液が分泌される、食後はあまり口臭が臭くないのですが、
空腹時は臭ってしまうということです。

 

 

理想では、3時間おきに食べることで
口臭の原因を減らすことができるみたいです。

 

 

空腹時の口臭の原因としては、もうひとつ、
胃から分泌される消化液によるものがあるみたいです。

 

 

食べ物が胃に入っているうちは、
消化するために消化液として働いてくれます。

 

 

しかし、食べ物が入っていない時は、
消化するものがないので、消化液自体が分解され、
その時にガスが発生し、口臭の原因となるみたいです。

 

 

やっかいなのが、歯磨きをしても胃からの
臭いが口臭となるので、効果がないことです。

 

 

以上、空腹時の口臭の原因について書きました。

 

3、4時間おきに何かを食べれば、有効な対策になるといえます。